おすすめのクラシック その5 テレワークの憂鬱な朝におすすめの3選

なんとか、元気に朝の始まりを!

新しい時代の働き方、テレワーク。でも毎日自宅からだとスタートエンジンかかりにくいですよね。
そんな貴方の背中を押す、そんな曲選んでみました。

①ヨハン・シュトラウス「雷鳴と電光」

あくまで明るいポルカで、雷鳴と稲妻を表現しています。

②アレクサンドル・ボロディン「韃靼人の踊り」

歌劇「イーゴリ公」は、ロシアと韃靼人(だったんじん)との国盗り戦争の物語です。西洋音楽から見た民俗学を表現した曲だそうです。

③レナード・バーンスタイン「キャンディード序曲」

あまりにも有名なミュージカルの序曲として知られています。

お知らせ:Spotifyのアプリをダウンロードして無料登録をするとリストの曲全てをフル再生で聴くことができます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。