• HOME
  • オペラあらすじ
  • オペラあらすじ「フィガロの結婚」ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

オペラあらすじ「フィガロの結婚」ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

フィガロの結婚
Le nozze de Figaro


作曲:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
原作:ピエール・ド・ボーマルシェの戯曲
台本:ロレンツオ・ダ・ポンテ
初演:1786年5月1日、ブルク劇場(ウィーン)
構成:全4幕
上演時間:約3時間

登場人物

フィガロ|伯爵の従者
スザンナ|伯爵夫人の女中
伯爵夫人|伯爵の妻
アルマヴィーヴァ伯爵|セビリアの領主

ストーリー

〜フィガロは無事に結婚できるのか〜

今日は結婚式

舞台はスペイン、セビリア。元理髪師のフィガロは伯爵の従者で、今日、女中のスザンナと結婚することになっています。伯爵から住むようにと許可のでた部屋の寸法をフィガロが測っていると、それをみたスザンナは手癖の悪い伯爵の本当の目的をわかってしまい、フィガロに伝えます。話を聞いたフィガロは、伯爵を懲らしめようと計画をたてます。

フィガロの計画は?

その計画とは、伯爵に仕えているケルビーノに女装をさせてスザンナに見せかけ、伯爵がこっそりスザンナに会っているところを押さえようというものでした。しかし、準備をしているところに伯爵が現れて計画は失敗してしまいます。加えて、フィガロにお金を貸していたと女中頭のマルチェリーナも登場して結婚式どころではなくなってしまいました。

伯爵夫人とスザンナの計画とは

しかしここで、孤児だったフィガロの本当の母親が実はマルチェリーナであることが分かり、無事に結婚式が行われます。一方、スザンナを手に入れたかった伯爵はあまり元気がありません。そのことを知った伯爵夫人は、夫へ偽の手紙を送り、スザンナに変装して伯爵と密会する計画をたてます。

大団円

約束の夜、裏庭へやってきた伯爵はスザンナに変装した伯爵夫人であることも知らず、甘い言葉をささやきます。フィガロとスザンナも夫人のために一芝居。伯爵夫人の変装をしたスザンナをフィガロが口説き、それをみた伯爵は怒りくるって屋敷中の人を集めました。ここでようやく夫人が正体を明かします。びっくりして謝罪する伯爵を、夫人は大きな心で許して、めでたしめでたし。


オペラあらすじ
おすすめオペラ その14「フィガロの結婚」


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。