• HOME
  • オペラ
  • オペラあらすじ「愛の妙薬」ガエターノ・ドニゼッティ

オペラあらすじ「愛の妙薬」ガエターノ・ドニゼッティ

愛の妙薬|L’elisir d’amore


作曲:ガエターノ・ドニゼッティ
原作:ウージェーヌ・スクリーブ台本、フランソワ・オーベール作曲の「妙薬」
台本:フェリーチェ・ロマーニ
初演:1832年5月12日、ミラノ、カノッビアーノ劇場
構成:全2幕
上演時間:約2時間

登場人物

ネモリーノ  |純朴な若い農夫
アディーナ  |村一番の美人,農園の娘
ドゥルカマーナ|インチキな薬売り
ベルコーレ軍曹|ネモリーノの恋敵

ストーリー

〜伝説の妙薬を手に入れ、恋の成就を願った青年〜

憧れの彼女に振り向いて欲しい

スペインの村の広場で美しい地主の娘アディーナが、村人に「トリスタンとイゾルデ」の物語を読み聞かせています。密かに彼女に憧れている農夫ネモリーノは、その話を聞いて、物語のような妙薬があったらいいのにと考えます。
そこへ村の守備隊ベルコーレ軍曹が隊員を引き連れてやってきました。美しいアディーレに一目ぼれしたベルコーレ軍曹は、さっそく花束を渡し口説こうとしますが、彼女はすげなくします。その様子を見ていたネモリーノも頑張って告白しますが全く相手にしてくれません。

村の広場に万能薬を売るドゥルカマーナの馬車がやってきます。ネモリーノが、トリスタンの妙薬はないのかと聞くと、ドゥルカマーナはワインのラベルを張り替え、妙薬と嘘をついて売りつけてしまいました。
明日になると効き目がでる、と言われたネモリーノは、すっかりその気になって調子に乗り、口論の末アディーナを怒らせてしまいます。怒ったアディーナは、勢いでベルコーレ軍曹と結婚する約束をしてしまいます。

もう一度自分にチャンスを!

結婚式の当日となり、慌てているネモリーノは、もう一本妙薬が欲しいとドゥルカマーナを訪ねますがお金がなくて買えません。するとインチキ薬売りは、軍隊に入隊するとお金がもらえる、と知恵をつけます。お金を手にしたネモリーノは、その偽薬をのみ寝込んでしまいます。

そのころ、村ではネモリーノが、叔父の遺産で大金持ちになるという噂で持ち切りになります。目覚めたネモリーノは、村の娘たちに囲まれておおもて。薬の成果だと勘違いしたネモリーノは、でれでれです。それを見ていたアディーナはびっくりしますが、一連のいきさつをドゥルカマーナから聞き、妙薬を手に入れるためにネモリーノが危険な軍隊に入隊したことを聞いて涙します。

アディーナの涙をみたネモリーノも彼女の気持ちに気が付きます。アディーナは、軍隊の契約書を買い戻し、二人は結ばれます。振られたベルコーレ軍曹は、女はたくさん他にもいると気にしません。インチキ薬売りは、お金も恋も手に入る薬が効いたとご機嫌で次の村へと出発します。


オペラあらすじ
おすすめオペラ その12「愛の妙薬」


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。