• HOME
  • Pick Up公演
  • プレビュー:2022年9月20(火) 森麻季&グザヴィエ・ドゥ・メストレ デュオ・リサイタル

プレビュー:2022年9月20(火) 森麻季&グザヴィエ・ドゥ・メストレ デュオ・リサイタル

2022年9月20(火)
森麻季&グザヴィエ・ドゥ・メストレ
デュオ・リサイタル

それぞれの道の第一線で活躍を続ける二人の邂逅

森麻季 ©️Yuji Hori

森麻季は日本を代表するソプラノ。気高い佇まい、誠実な歌唱に惹かれる人は多く、大変な人気を得ています。

彼女はワシントン・ナショナル・オペラ、ドレスデン国立歌劇場、トリノ王立歌劇場と海外でのキャリアも輝かしく、国際的な評価も得ています。

このコンサートには「愛と平和の祈りを込めて Vol.12」とタイトルがついています。

これは森がワシントン・ナショナル・オペラに出演中に米国同時多発テロが発生し、テロを体験したことが大きなきっかけとなっています。

10年後には東日本大震災が起こり、この企画はその年に始まりました。今回はグザヴィエ・ドゥ・メストレを迎えて12回目となります。

グザヴィエ・ドゥ・メストレ ©️Gregor Hohenberg

グザヴィエ・ドゥ・メストレはフランス生まれ。9歳からハープをはじめ、バイエルン放送交響楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のソロ・ハーピストを務めたのち、ソリストとしての活動を始めます。

彼の類まれなるルックスの良さから「ハープの貴公子」などと王子様キャラのように形容されることが多いのですが、ハープという楽器の可能性を探究し続ける、硬派なミュージシャンです。彼のハープ・ソロを聴いたらハープの概念が変わってしまうかもしれません。

サロン風の洒落たプログラム

そんな第一線で活躍する2人のコンサートですから、プログラムは考え抜かれた曲が並び、とってもおしゃれな感じです。まるで特別なサロンに招かれたような経験ができそうです。

まずフォーレの歌曲4曲ののちに、メストレによるドビュッシー、フォーレと近代フランスの曲が続きます。そして『初恋』『からたちの花』『曼珠沙華』と日本歌曲が歌われます。

後半は、メストレがリストの『ナイチンゲール』、スメタナの『我が祖国』より“モルダウ”で魅了して、オペラのアリア、プッチーニ『つばめ』より “ドレッタの美しい夢”、ベッリーニ『ノルマ』より “清らかな女神よ” と続き、クライマックスを迎えます。

美しい2人が奏でる美しい音楽、特にハープとソプラノという組み合わせは大変貴重、レアなコンサートです。美しいひとときを過ごしたい方におすすめです。


森麻季&グザヴィエ・ドゥ・メストレ
デュオ・リサイタル

2022年9月20日(火)
会場:東京オペラシティコンサートホール

開演:19時
★ チケット料金
3,000円〜7,000円

詳しくは:ジャパン・アーツ

公演一覧
Pick Up公演

エディター・ライター 出版社勤務を経てフリーランスのエディター、ライターとして活動中。 クラシック音楽、バレエ、ダンスを得意ジャンルとする。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。