• HOME
  • クラシックと出会う
  • ウンベルト・エーコ『ヌメロ・ゼロ』×ベートーヴェン『交響曲第7番2楽章』小説を彩るクラシック#20

ウンベルト・エーコ『ヌメロ・ゼロ』×ベートーヴェン『交響曲第7番2楽章』小説を彩るクラシック#20

ウンベルト・エーコ『ヌメロ・ゼロ』 ナンバーゼロを意味するタイトルは、新聞第0号!?

イタリアを代表する知の巨人ウンベルト・エーコは1932年イタリア北部ピエモンテ州アレッサンドラに生まれました。
Umberto Eco in his house
トリノ大学で哲学を学び、その後、イタリア放送協会(国営放送局)でドキュメンタリー番組のプロデューサーを勤めます。
前衛芸術の盛んだった60年代のイタリアで、現代音楽、視覚芸術、文学など分野を越えた実験的な番組制作をし、芸術家たちと交流を深めました。


そして放送局員時代に「記号」というものに惹かれ、徐々に文学活動に比重を移しボローニャ大学で「記号学」を教えるようになると、エーコはこの分野での中心人物となっていきます。

記号学者であり、小説家、哲学者、文芸評論家、エッセイストと、どの分野でも輝かしい功績を遺したエーコですが、2016年、癌のため84歳で亡くなりました。


代表作は『薔薇の名前』『フーコーの振り子』『プラハの墓地』など。知的で難解な作品が多いのですが、ベストセラーや映画化された作品が多数あり、世界中で楽しまれています。

1982年、福島県生まれ。音楽、文学ライター。 十代から音楽活動を始め、クラシック、ジャズ、ロックを愛聴する。 杉並区在住。東京ヤクルトスワローズが好き。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。