プレビュー:2022年7月16(土)~17(日)、18日(月・祝)キエフ・バレエ・ガラ 2022

キエフ・バレエ・ガラ 2022

奇跡のガラ、ぜひ見届けたい

ウクライナ国立歌劇場(キエフ・バレエ、キエフ・オペラ、ウクライナ国立歌劇場管弦楽団)の3団体は定期的に来日し、近年では年末年始にかけて華やかな公演を繰り広げていました。特にバレエ公演はその年の見納め公演であり、翌年のバレエ鑑賞はじめというのがバレエ・ファンの恒例行事となっていました。

2020年1月に行われた『白鳥の湖』の公演(2019年度「キエフ・バレエ」来日公演)は、長年カンパニーを牽引してきたプリマ・バレリーナ、エレーナ・フィリピエワの最後の全幕主演公演でした。ウクライナは一流のスターバレエ・ダンサーを輩出しているものの海外流出が顕著で、次々とキエフを去ってしまう現象が続いています。そんな中、キエフ・バレエに腰を据えてずっとカンパニーを支えてきたフィリピエワの全幕出演最後の舞台は、特に胸打たれる感動の舞台だったのです。

ほどなく世界はコロナ禍に。夏休みにキエフ・バレエ学校の来日公演が予定されていたものの中止になってしまいました。その間にフィリピエワはキエフ・バレエの芸術監督に就任していました。

ようやく今年のガラ公演が実現するかと期待をしていたところ、ウクライナは戦火にさらされることになってしまいました。カンパニーのメンバーもアムステルダムやドレスデンなどヨーロッパ各地に散らばり、カンパニーとしての活動がままならない状況です。けれども個々のダンサーと連絡を取ることができ、メンバーを集めてガラ公演が行われることになりました。

歴史と伝統あるキエフ・バレエの底力を見せてもらい、感動するとともに心から平和を願いましょう。

『キエフ・バレエ・ガラ 2022』
7月15日(金)〜8月9日(火)


東京、愛知、大阪、北海道 ほか全国公演


■ 東京公演 ■
7月16日(土)、17日(日)
会場:東京国際フォーラム ホールC

開演:16日(土)15時、19時・17日(日)12時、16時
チケット料金:8000円
——————————–
7月18日(月・祝)
会場:J:COMホール八王子

開演:14時
チケット料金:8000円
詳しくは:光藍社

■ 全公演スケジュール ■
※公演の詳細についてはwebサイトをご確認ください:光藍社

7月
15(金)【群馬】ベイシア文化ホール
16(土)【東京】東京国際フォーラム
17(日)【東京】東京国際フォーラム
18(月)【東京】J:COMホール八王子
21(木)【静岡】静岡市清水文化会館(マリナート)
22(金)【愛知】アイプラザ豊橋
23(土)【大阪】大阪NHKホール
24(日)【京都】ロームシアター京都
26(火)【愛知】愛知県芸術劇場
30(土)【茨城】結城市民文化センターアクロス

8月
2(火)【山形】山形市民会館
3(水)【岩手】岩手県民会館
5(金)【青森】八戸市公会堂
6(土)【北海道】函館市民会館
7(日)【北海道】札幌文化芸術劇場
8(月)【北海道】帯広市民文化ホール
9(火)【北海道】コーチャンフォー釧路文化ホール


公演一覧
Pick Up公演

エディター・ライター 出版社勤務を経てフリーランスのエディター、ライターとして活動中。 クラシック音楽、バレエ、ダンスを得意ジャンルとする。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。