• HOME
  • クラシックと出会う
  • レフ・トルストイ『クロイツェル・ソナタ』×ベートーヴェン『クロイツェル・ソナタ』 小説を彩るクラシック#15

レフ・トルストイ『クロイツェル・ソナタ』×ベートーヴェン『クロイツェル・ソナタ』 小説を彩るクラシック#15

レフ・トルストイ
『クロイツェル・ソナタ』ベートーヴェンのバイオリン曲と同名!

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイは19世紀のロシアを代表する作家、思想家です。

代表作は『戦争と平和』、『アンナ・カレーニナ』、『復活』など。ドストエフスキーや、ツルゲーネフと共にロシア文学の黄金時代を築きあげた、まさしく文豪という名にふさわしい大作家です。

LNTolstoy

トルストイは無政府主義的(反権力的)な思索と行動を持ち、影響力の高さから、著作が発禁処分、ロシア正教会を破門になるなどしますが、それでも、自分にとっての「真実」を追求していきます。

『クロイツェル・ソナタ』

1890年、『戦争と平和』と『アンナ・カレーニナ』によって、大作家となっていたトルストイは、ベートーヴェンの有名曲をタイトルとする中編小説『クロイツェル・ソナタ』を発表します。
愛と性をめぐるスキャンダラスな作品です。

KreutzerSonata

1982年、福島県生まれ。音楽、文学ライター。 十代から音楽活動を始め、クラシック、ジャズ、ロックを愛聴する。 杉並区在住。東京ヤクルトスワローズが好き。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。