• HOME
  • クラシックと出会う
  • チャールズ・ブコウスキー『死をポケットに入れて』 作家とクラシック音楽の関係〜 小説を彩るクラシック#8

チャールズ・ブコウスキー『死をポケットに入れて』 作家とクラシック音楽の関係〜 小説を彩るクラシック#8

チャールズ・ブコウスキー
『死をポケットに入れて』

作家チャールズ・ブコウスキーから連想されるものといえば「酒好き」「女好き」「ギャンブル好き」こういったタフでマッチョな無頼漢的イメージではないでしょうか。

『勝手に生きろ!』『くそったれ! 少年時代』『パンク、ハリウッドを行く』
このように、ブコウスキーの作品名を並べてみるだけでも、アカデミックな世界とは程遠いワイルドな印象を感じさせます。

ブコウスキーは「いわゆる文学的」な書き方をしません。風景描写や、回りくどい言い回しはほとんどなく、率直な言葉を綴ります。その歯に衣着せぬ剥き出しの文体は、ときに辛辣に、ときにハッとさせられ、読者の心をストレートに打ちます。

反骨精神をもったスタイルの作家なので、ロックバンドU2のボノや、酔いどれ詩人、シンガーソングライターのトム・ウェイツがファンを公言するなど、ロック界から熱い支持を受けています

そんなロック的な作家であるブコウスキーですが、自身はロックに関心はなく、聴くのはもっぱらクラシック音楽だ、というから驚きです。

こんなエピソードがあります。

ある大物ロックミュージシャンの好意で、ブコウスキーと妻のリンダは、ドジャースタジアムで行われるコンサートに招待されました。

25000人の聴衆が熱狂する中、ロックバンドのリーダーは、「このコンサートをリンダとチャールズ・ブコウスキーに捧げます」とアナウンスをし、観客は大歓声。
コンサートの後は、映画界の大物たちとVIPのバーで無料のカクテルを飲み、ロックスターや業界の人たちと語り、リムジンで家に送り届けられました。

この晩を振り返ってブコウスキーは、

「大成功した金持ちグループが、何を歌っていても(親や体制に反対する歌を歌っていても)自分たちが体制になってしまっているじゃないか」

「妻が望むからロック・ショウを観に行ったのであって、自分のふさわしい場所ではなかった」

と感じたそうです。

1982年、福島県生まれ。音楽、文学ライター。 十代から音楽活動を始め、クラシック、ジャズ、ロックを愛聴する。 杉並区在住。東京ヤクルトスワローズが好き。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。